トロイの木馬に感染(フェイクアラート)の削除

今月は2件ありました。1件はけたたましい「ピーー」という音も出ていました。画面は次のようなものが多いです。

Microsoftという名前がでているので、信用してしまいます。ここに出ている電話番号に絶対電話してはいけません。許可や拒否のボタンもおしてはいけません。

対処法はまずブラウザを閉じることです。おそらくこのウィンドウが閉じなくて、閉じられないので困ってしまいますね。

Ctrl+Shift+Esc(Ctrl+Alt+DeleteでもOK)をいっぺんに押します。するとタスクマネージャーが立ち上がります。その中の起動中のアプリの中から使っていたブラウザ(Edge,Chrome,Firefoxなど)がありますので、それを終了させます。選んでから右下の「タスクの終了」を押します。

使っていたブラウザの設定(だいたいどれも右上に小さな3つの点か3本線が設定のボタンです)

Chromeの場合です。設定から閲覧履歴データの削除を押します

このようにCookieやキャッシュにチェックが入っていますのでそのまま「データの削除」を押します

Microsoft Edgeの場合です。設定から左の「プライバシー、検索、サービス」を選択します。右の欄の「閲覧データ」のクリアを押します

左のような項目がチェックが入っています。時間の範囲は「すべて」にしておいたほうがいいでしょう。そして今すぐクリアを押します。

基本的にはこれでブラウザを再起動すれば表示や音はしなくなると思います。ウイルスに感染したという偽の情報でびっくりさせ電話をさせて、ありもしないウイルスの退治のためにソフトを買えとか画面の共有して有料で修理するという詐欺の商法です。

パソコン上にホームページの画面からサイトの情報や画像などを自動で保存し、次回の表示を早くするというのが一時ファイルやキャッシュというものです。そこに忍ばせてあるだけなので、これらを削除すれば大丈夫です。

念のために、オンラインのウイルススキャンやDefenderのスキャンをかけておくと安心ですね。

こういう詐欺まがいのもので、もっとたちが悪いのは偽のアラートを表示させるためのソフトをインストールされてしまうものもあります。その場合はプログラムのアンインストールとMalwareの検索・削除をした方がいいでしょう。